エガオノダイカ

スポンサーリンク
バトル
©タツノコプロ/エガオノダイカ製作委員会
ストーリー:61
演出:15
総合点数:76

 

これは遠い遠い星に生まれたある女の子のお話。12歳になったソレイユ王国の女王【ユウキ】は女王として忙しい日々を過ごしている。隣国との戦争に向けて幼馴染の軍人【ヨシュア】が旅立つ。

ロボットアニメを見たい人におすすめ!

 

公式サイト Wikipedia

ジャンル:バトル

原作:オリジナル

制作:タツノコプロ

2019年冬 全○話

 

YouTube動画作成中です。

 

スポンサーリンク

エガオノダイカの評価と感想

 

7話の感想 王宮のひまわり

前回は【ユウキ】が敗北宣言したが部下によって逃亡させられた。

【ステラ】の軍隊が食材を持ち寄って料理をする日常展開から始まる。【ゲイル・オーウェンズ】が孤児院を運営していることと【ステラ】の過去の話があった。その後、【ピアース】が死んだことによって日常の話に重みが増した。孤児院と【ステラ】や【ユウキ】の話がどのようにして全体像が見えてくるかに期待。

 

○ストーリー

良い点

・展開

2話にして主人公格のキャラクター【ヨシュア】が死ぬ。王女の親衛隊を努めていたため死ぬことはないと思っていたがいい意味で期待を裏切られた。【ユウキ】の「そんな、嘘でしょ」という言葉が見ていて同じ言葉が出てきた。【ノエル】に「ヨシュアは?」と言われたときの【ユウキ】の仕草がつらそうな感じが伝わってきてとても良かった。

 

・【ユウキ】の成長

自らの意思で戦おうとする民間人を助けようと部隊を動かす。その結果部隊と民間人が全滅して、守れなかったことで【ユウキ】は泣く。無理に部隊を動かして助かるはずもなく自分の無力さを痛感して戦争というものを知ったのが良かった。何も出来ないことを知って新型クラルスの投入や指揮官として行動したのが不利な戦争の切り札となっていて面白かった。

©タツノコプロ/エガオノダイカ製作委員会

 

・【ユウキ】の降伏宣言

どちらの軍も必死に戦って多くの犠牲が出る。犠牲を出さないように降伏宣言をして、自らを敵に捧げて終止符を打とうとする。しかし、王国騎士団が【ユウキ】を逃がすようにした展開が面白かった。

 

 

悪い点

・【ユウキ】の存在

ソレイユ王国の若き王女の【ユウキ・ソレイユ】は王族だから大切に扱われている。【ユウキ】を犠牲にすれば戦争が終わるけど、王国騎士団は逃がすことを優先する。そこまでして大切に守ろうとする意味が分からなかった。

 

 

○演出

・ロボット

戦闘に迫力があって良かった。

 

 

○まとめ

 

1話の感想 ソレイユの少女

1話のつかみとしては情報量や主な事件が少なく物足りない感じ。これから事件が起きることを考えると日常パートを大切に扱っているようも感じた。次回予告で戦争が始まっているので、次回から楽しめそうな予感に胸をときめかせたいと思う。

2話の感想 戦乱の真実

王女【ユウキ】は隣国と戦争していることを知らなかった。戦争で領地を取られて【ヨシュア】が死んだことで戦争をしていることを知る。王女が「そんな、嘘でしょ」と言っていたが視聴者も同じ気持ちを持ったと思う。主人公格の一人があっさりとした死によって、今後の展開が期待できそう。

3話の感想 微笑みの兵士

もう一人の主人公格の人【ステラ・シャイニング】をメインとした進行。【ステラ】と【ユウキ】の2つの視点で物語が進んでいくのかな?【ユウキ】の感情が気になりすぎて話に集中出来なかった点もあるが、この先二人の出会いと今後が楽しみ。

4話の感想 希望の選択

【ヨシュア】を失って【ユウキ】が取り乱したところからスタート。逃げるタイミングがあったのに街を守りたいから残って戦う選択をした市民がすんなり逃亡したのが気になった。姫が自分のわがままで更に被害を大きくしてしまって自分の愚かさを認知したのが良かった。

5話の感想 分隊の一夜

背中を任せられないと言われてきた【ゲイル・オーウェンズ】がどのような人物だか、少し分かってきて良かった。【ステラ】が本気で笑ったことを見たことがないと言っていたので、タイトルとの関係性が考えられる。戦闘は新型が投入されている分【ソレイユ】王国のほうが有利に進んでる感じ。未だに2人の主人公の目的がわからないのが不安要素である。次に総攻撃を仕掛けているので物語がうまく繋がるのを期待したい。

6話の感想 運命の岐路

【ノエル】に「ヨシュアは?」と言われたときの【ユウキ】の仕草がつらそうな感じが伝わってきてとても良かった。戦争が続くかと思ったが【ユウキ】が降伏宣言を受け入れて戦争が終わる。と思ったら、部下が【ユウキ】を連れて逃亡する。予想を裏切る展開が面白かった。【イザナ】も妻と子供を逃して自分一人で戦おうとしている姿がかっこよかった。

コメント