オーバーロードII

スポンサーリンク
バトル
©丸山くがね・KADOKAWA刊/オーバーロード2製作委員会
ストーリー:60
演出:15
総合点数:75

 

【シャルティア】との戦闘後。着実に物事を進め世界地図を手に入れることに成功した。周りの国の情報などを得てアインズが次なる手を打つ。

オーバーロード(1期)の世界観を知りたい人に是非おすすめ!

 

公式サイト Wikipedia

ジャンル:バトル

原作:Web小説

制作:マッドハウス

2018年冬 全13話

 

オーバーロード(1期)の評価と感想についてはこちら!

オーバーロード
ストーリー:67 演出:13 総合点数:80 長らく続いたVRMMORPGの「ユグドラシル」のサービス終了日、主人公【モモンガ】は思い出に浸りながら「ユグドラシル」の最後を待っていた。しかし、サービス終了時刻になっても強制...

オーバーロードIII(3期)の評価と感想についてはこちら!

オーバーロードIII
ストーリー:48 演出:15 総合点数:63 世界征服に向けて準備を進めてきた【アインズ】が世界征服にまた一歩近づく! 圧倒的強さの魔王が世界を支配していく物語を見たい人におすすめ! 公式サイト W...

 

オーバーロードII の評価と感想

 

スポンサーリンク

オーバーロードIIの評価と感想

 

○ストーリー

良い点

・階層守護者の成長

【アインズ】が階層守護者の【コキュートス】に失敗させるような指示をだし、そこから何を学んだのかを考えさせる。失敗を教訓に命令されるままに動くのではなく考えるということを各階層守護者に伝えることで成長を促した。支配者としての行動として素晴らしかった。

 

・リザードマンの恋

勝てないと分かっていて生き残る可能性が出来たので種族をまとめられる一人のメスを残す。メスも戦場に行ったらオスが死んでしまうので戦場に行かせたくない思いがあった。リザードマンの話だが感情が伝わってきて良かった。喜びや怒りで尻尾が動くのもまたわかりやすくて良かった。

©丸山くがね・KADOKAWA刊/オーバーロード2製作委員会

 

・【ブレイン】の成長

【ガゼフ】と【ブレイン】の関係が良かった。【ブレイン】も【シャルティア】と再び会った時に恐れること無く剣を振ったので心の成長を感じられた。守るべきものがある人間の強さを数回に渡って話していたのでその結果が見られた話だったと思う。

©丸山くがね・KADOKAWA刊/オーバーロード2製作委員会

 

・【ツアレ】について

【ツアレ】の感情が良かった。特に【セバス】のためなら自分は死ねるという覚悟があったので本当に好きなんだなと感じた。感情をぶつけていたのが良かった。

©丸山くがね・KADOKAWA刊/オーバーロード2製作委員会

 

 

悪い点

・リザードマン編について

5話程リザードマンの話に使っていたので少し長く感じた。良かった点もあったが本編とは関係ない部分も多少あったので残念だった。

 

・前半のリザードマンやドラゴン

前半リザードマンに時間をかけたのでリザードマンが後半になって行動を起こすと思ったが、出てこない。ドラゴンについても登場しなかった。ただ前半のテンポが悪くなっただけ。

 

 

○演出

・死の軍勢

リザードマンの対話として軍を動かす。その軍がかっこいい。

©丸山くがね・KADOKAWA刊/オーバーロード2製作委員会

 

・【ももん】vs【デミウルゴス】の戦闘

突如表れた【ももん】が戦闘を開始する。【ももん】の剣の一振りの重たさが伝わってきた。八百長だとしても戦闘自体迫力があった。

 

・リザードマンの治癒魔法

リザードマンの群れが【コキュートス】との戦闘で腕を失ったが治癒魔法で腕を復活させていた。重症を治癒する魔法は難易度高かったはず。設定について気になった。

©丸山くがね・KADOKAWA刊/オーバーロード2製作委員会

 

・BGM大きい

【セバス】が【アインズ】に怒られている時のBGMが大きくセリフが聞き取りづらかった。

 

 

○まとめ

 

前半テンポが良くなかったが、後半になるに連れ盛り上がってくる。戦闘のシーンなどは1期よりも力をいれていた部分が多かった。主人公よりも他のキャラクターにスポットを当てていたので世界観をより深く見ることが出来た。しかし、他にスポットを当てている時間が長かったように感じた。

 

コメント