デート・ア・ライブII

スポンサーリンク
恋愛・ラブコメ
©2014 橘公司・つなこ/KADOKAWA 富士見書房刊/「デート・ア・ライブⅡ」製作委員会
ストーリー:21
演出:6
総合点数:27

 

精霊が出現すると空間震と呼ばれる災害が発生する。キスをする事で精霊を人間にすることができる【五河 士道】は苦しんでいる精霊を助けるためにデートに誘う。果たしてデレさせてキスすることができるのか。

普通のラブコメと一味違う設定のアニメを見たい人におすすめ!

 

公式サイト Wikipedia

ジャンル:恋愛・ラブコメ

原作:小説

制作:プロダクションアイムズ

2014年春 全10話

 

デート・ア・ライブ(1期)の評価と感想についてはこちら!

デート・ア・ライブ
ストーリー:42 演出:6 総合点数:48 精霊が出現すると空間震と呼ばれる災害が発生する。キスをする事で精霊を人間にすることができる【五河 士道】は苦しんでいる精霊を助けるためにデートに誘う。果たしてデレさせてキスするこ...

デート・ア・ライブIII(3期)の評価と感想についてはこちら!

デート・ア・ライブIII
ストーリー:19 演出:6 総合点数:25 精霊が出現すると空間震と呼ばれる災害が発生する。キスをする事で精霊を人間にすることができる【五河 士道】は苦しんでいる精霊を助けるためにデートに誘う。果たしてデレさせてキスするこ...

 

デート・ア・ライブIIの評価と感想

 

スポンサーリンク

デート・ア・ライブII(デアラII)の評価と感想

 

○ストーリー

良い点

・二人の気持ち

自分よりも相方に生きてほしい。相方のためなら死ぬことができる。二人がどれだけつらい思いで今まで戦ってきたのかを理解することが出来た。

©2014 橘公司・つなこ/KADOKAWA 富士見書房刊/「デート・ア・ライブⅡ」製作委員会

 

・「私はどうなっても構わない」「だから士道だけは」

前半の双子の話を思い出させるように作られて楽しめた。【十香】が今までどれだけ【士道】のことが好きだったのかを理解できていいキャラしているなと思った。

©2014 橘公司・つなこ/KADOKAWA 富士見書房刊/「デート・ア・ライブⅡ」製作委員会

 

 

悪い点

・双子の精霊との出会い

たまたま【五河 士道】の前に二人の精霊がやってくる事自体おかしい。その後の展開も女の子から寄ってきて色仕掛けされるという内容で残念すぎた。問題等残っているのに広く浅くやっている暇があるのか。そもそも【士道】が精霊を助けるという内容なのに趣旨と違っている。

 

・弟子

【十香】も【折紙】も【士道】のことが好きなのに、【士道】攻略の手助けのために【耶倶矢】と【夕弦】を弟子に迎え入れた。今まで嫉妬とかしていたのに弟子の女の子がいちゃいちゃするのを応援するってことですよね。関係性がめちゃくちゃ。

 

・【折紙】や【狂三】

で、【折紙】や【狂三】はどうして【士道】のことが好きなの?1期は妹のこと明らかになって我慢できたけど流石に引き伸ばしすぎ。

 

・【士道】が操られなかった理由

【誘宵 美九】がガブリエルの演奏で【四糸乃】や【夕弦】たちを操る。【十香】は両耳イヤホンで塞いでたが大丈夫だった。だけど【士道】が操られない理由が全然わからなかった。

 

・結局前に進まないのね

1期からある疑問点に更に疑問に思う箇所をプラスした感じで終わった。

 

 

○演出

・作画

乱れている部分があった。

 

 

○まとめ

 

1期の悪い部分を伸ばしたような内容だった。設定や魅力的なキャラクターがたくさんいるのに全然前に進まないで新しく進めようとしているのが方向性が間違っているように思えて残念だった。

 

コメント