星刻の竜騎士

スポンサーリンク
バトル
©2014 瑞智士記・株式会社KADOKAWA メディアファクトリー刊/「星刻の竜騎士」製作委員会
ストーリー:29
演出:9
総合点数:38

 

竜を育成するアンサリヴァン騎竜学院に通う主人公【アッシュ・ブレイク】は自分の竜が誕生しないことで問題児として扱われていた。レース中に崖に落ちた瞬間に刻印が反応して自分の竜が誕生して生き延びる。そして、その竜は人間の姿をした竜だった。

パートナーが竜のアニメを見たい人におすすめ!

 

公式サイト Wikipedia

ジャンル:バトル

原作:小説

制作:C-Station

2014年春 全12話

 

星刻の竜騎士の評価と感想

 

スポンサーリンク

星刻の竜騎士の評価と感想

 

○ストーリー

良い点

・【シルヴィア】の成長

周りに対して冷たくあたって意地を張っていたが、姉の【ヴェロニカ】の前に怯えてしまう。親善試合でも活躍しようと急いだあまり無様に敗北する。そこから貴族に憧れている【ジェシカ】の高潔さを見て過去を払拭し成長していたのが印象的だった。

©2014 瑞智士記・株式会社KADOKAWA メディアファクトリー刊/「星刻の竜騎士」製作委員会

 

・【エーコ】の気持ち

【エーコ】が嫉妬して逃げ出してしまう。その間に捕まって暴走する。【アッシュ】が必死に助けに来る姿を見て頑張っているところが良かった。

©2014 瑞智士記・株式会社KADOKAWA メディアファクトリー刊/「星刻の竜騎士」製作委員会

 

 

悪い点

・正義感

レース中に【ミルガウス】と【アーニャ】に遭遇して追われる。さんざん命を狙われたのに崖から落ちそうになった【アーニャ】を助けて【エーコ】と誕生させて一命をとりとめた。殺されかけたのに崖から落ちそうになった【アーニャ】を命懸けで助けた理由が分からなかった。

 

・アーク

【エーコ】がアークを作って主人公が強くなるという性質上ピンチがあっても都合のいいアークを作ればいいので盛り上がりに欠ける。最終話の一番盛り上がるところも【ナヴィー】から情報を貰ってアークを作り、終わったのが残念だった。

 

・【シルヴィア】の変わりよう

服を切られて回想が入って、いきなり「今ここに宣言する、私は騎士王パラディンになる女だと」言ったのが違和感があった。成長自体は凄く良かったが、急に人が変わったのが残念だった。

 

・ガウェイン

ガウェインと【ルッカ】の関係が悪くなった際に、【アッシュ】がガウェインに乗って話そうとする。しかし、ガウェインは会話を拒否して襲いかかる。【アッシュ】が気を失った際に夢の中で【ナヴィー】からガウェインの話を聞いて事情がわかるが、アークと同様に与えられたもので強くなったり解決したりするのが盛り上がりに欠けて残念。

 

 

○演出

・戦闘

竜が砲撃を撃っているだけで、自由に飛びながら戦闘をしているところが少なかったのが残念。戦闘が全体的に迫力がなかった。

 

 

○まとめ

 

【シルヴィア】がいろいろな経験や関わりで成長していくのが良かった。しかし、問題が起きて解決するまでの流れが既定路線のような展開が残念だった。

 

コメント