真夜中のオカルト公務員

スポンサーリンク
ホラー・サスペンス・ミステリー
©2019 たもつ葉子/KADOKAWA/「真夜中のオカルト公務員」製作委員会
ストーリー:29
演出:9
総合点数:38

 

新入社員の【宮古 新】は新宿の公務員になった。初仕事で目にしたのはアナザーと呼ばれるオカルト的存在。アナザーとの交流、及びアナザーが一般人と関わり問題が生じた場合自体を収集する。それが新宿区役所「夜間地域交流課」公務員としての仕事である。

オカルト的な問題を解決していくアニメを見たい人におすすめ!

 

公式サイト Wikipedia

ジャンル:ホラー・サスペンス・ミステリー

原作:漫画

制作:ライデンフィルム

2019年春 全○話

 

YouTube動画作成中です。

 

スポンサーリンク

真夜中のオカルト公務員の評価と感想

 

10話の感想 白い繭と青い炎

前回は人間同士で対立が起こった。

【宮古 新】が砂の耳のせいで解決できない問題を目の前にして落ち込む。その後都庁が繭を燃やしていたときにアナザーに襲われる。【宮古 新】が意思疎通できることで交渉によってどうにかして解決してほしい。解決方法に期待。

 

○ストーリー

良い点

・駆け引きの失敗

異世界エレベーターによる行方不明事件で言葉が通じるという理由で異世界に閉じ込められる。アナザーと話し合いができるという長所を活かして今までのようにアナザーと駆け引きをしていたが、アナザー側にメリットがなく「言葉が分かるからって話が通じるとは限らない」と自分の力に絶望しているのが良かった。

©2019 たもつ葉子/KADOKAWA/「真夜中のオカルト公務員」製作委員会

 

悪い点

・・・・

 

 

○演出

・作画

後半乱れているところが気になった。

 

 

○まとめ

 

1話の感想 新宿上空の天狗と天使

新入社員の【宮古 新】は新宿の「夜間地域交流課」の公務員になった。仕事内容はアナザーとの交流、及びアナザーが一般人と関わり問題が生じた場合自体を収集する。たくさんアナザーがいたけど干渉がどの程度なのか作品の世界観が興味深いところ。【宮古 新】はすぐに見えるようになったけどそんな簡単に見えるようになってもいいのかと疑問だった。言葉を聞き取れる特殊能力をもっている主人公。他の能力や今後どのように問題を解決していくのかに期待。

2話の感想 神楽坂の白い猫又

アナザーの声が聞こえる「砂の耳」について家に行って調べることになった。書類を守るのに一緒に行こうと外に猫又を連れ出すが書類を見守ってないのが気になった。アナザーが人の常識が通用しないので交渉の余地がないという話をしたあとに妖精と話していたり割と人間とコミュニケーションを取る感じだったのが疑問。うまく行き過ぎているようにも思える。ゾンビが大量でピンチになった展開は良かった。今後の解決方法が楽しみ。

3話の感想 琥珀の瞳のトリックスター

ゾンビの大群に囲まれているように見えたが次々と扉を開いて逃げたのがあっさりとした印象だった。女子高生が人質でどちらかが助からない選択肢でどちらも助けようとするのもありきたりだった。事件解決も回想から名前を思い出すという解決になってない解決。途中まで謎解きみたいな感じで進んでいたが急に恋愛感情の駆け引きになった気がして残念だった。ただ、女子高生行方不明事件について上司の【榊 京一】が手掛かりをつかんだのは期待ができそうで良かった。

4話の感想 歌舞伎町の定点観測

【琥珀】が家に住み着いてきてきた。結構レアなアナザーがあっさり味方になったのが気になったところだけど、これを気にどのように物語が進んでいくのかに期待したい。その後、調査といってアナザーと接触するがテンポが悪い印象を受けた。町中で新聞を読んでいるアナザーなど人々からどう写っているのか原理がいまいち分からない。仲間になった【琥珀】が飲み比べを提案するというなんでもありの展開。

5話の感想 都庁展望室の異世界エレベーター

以前から都市伝説になっている異世界エレベーターについての調査が始まる。またアナザーと会話できるという理由で閉じ込められてピンチになる。毎回パターン化しているような気がしてきたと思っていたが、「言葉が分かるからって話が通じるとは限らない」と挫折を味わっていたのが良かった。

6話の感想 悪魔と喪失感

当時高校生だったが、そのまま年を取らずに戻ってきて特定の部位だけが機能しない体になった少女が発見された。【榊 京一】がずっと追いかけてた事件にたどり着いてやっと話がまとまってきた感があったのは良かった。【琥珀】がどのような立ち位置で動いているのかいまいちわからないが大きな出来事があって今後の展開に期待。

7話の感想 喪失感と絶望の証明

悪魔のアナザーが天使や教会が苦手という憶測で候補地を絞っていたのが少し残念だった。もう少し決定的な証拠などで迫ってほしかった。そして結局【琥珀】の力を利用して会いに行くという強引な展開。捜査など今までの全てが必要ないと思えた。ずっと探してた姉が目を失って出てくるが、最近拐われたわけじゃないのによく生きてたなといった印象。その後、目が治ったりする展開が残念だった。何もしてないけど、とりあえずハッピーエンドにした感じがした。

8話の感想 老いたコヨーテと星降る庭

さらわれた人たちが戻ってきて【琥珀】と散歩することになった。ただ散歩していたことだけに1話まるまる使っていたのでテンポが悪い感じがした。【琥珀】との友情をなんとなく確認して終わった。特に話に動きがなく、せめて先祖について詳しい情報がわかればよかったのだが何もなかったのが残念だった。

9話の感想 幽霊団地の夢魔(ナイトメア)

初めからすこし作画が不安定な印象。【宮古 新】がアナザーと意思疎通できるといって意地をはるが今までの経験で意思疎通できると思っているのがちょっと不思議。死にかけた経験がなかったのかな。【宮古 新】と都庁のアナザーを駆除したいと考えている人の気持の対比がよくできていた。今までアナザーと対立してきたが人間と争うことで緊張感が出てよかった。

10話の感想 白い繭と青い炎

【宮古 新】が砂の耳のせいで解決できない問題を目の前にして落ち込む。その後都庁が繭を燃やしていたときにアナザーに襲われる。【宮古 新】が意思疎通できることで交渉によってどうにかして解決してほしい。解決方法に期待。

 

コメント