約束のネバーランド

スポンサーリンク
ホラー・サスペンス・ミステリー
©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会
ストーリー:71
演出:16
総合点数:87

 

孤児院で幸せに暮らしていた【エマ】は【コニー】が死んでいるのを目撃した。孤児院では食用児を育てて出荷する施設だということを知る。死を逃れるために孤児院から逃げる計画を立てる。

天才の子どもが施設を脱出するアニメを見たい人におすすめ!

 

公式サイト Wikipedia

ジャンル:ホラー・サスペンス・ミステリー

原作:漫画

制作:CloverWorks

2019年冬 全12話

 

YouTube動画作成中です。

 

スポンサーリンク

約束のネバーランド(約ネバ)の評価と感想

 

○ストーリー

良い点

・裏切り者

眼鏡をかけていた【ギルダ】が内通者のような演出で話が進む。ロープを伝えた位置から裏切り者を探そうとして、【ノーマン】が「内通者は君だったんだねレイ」と言った。最年長でフルスコアの3人は絶対的な仲間だと思っていたばかりにこの展開は衝撃的だった。

©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

 

・【ノーマン】と【レイ】の関係

【レイ】が裏切り者ということがわかったけど【ノーマン】が「一緒に育った家族だもん」「敵である前に友達だって」といって信じる。【レイ】は【エマ】と【ノーマン】を脱出させるために自らをママの手下になるようにして情報収集していた。二人の信頼関係が複雑な上に駆け引きも面白かった。

©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

 

・【ママ】の部屋侵入

【ママ】の部屋に侵入しているときは緊張感があってハラハラして見ることが出来た。【ドン】が【ママ】の部屋に勝手に侵入した際に【コニー】が死んでいた事実を知る。今まで仲間だと思って信じてきたのに騙された気持ちになって「家族だろ、兄弟だろ、少しは信じてほしいんだよ」と言っていたのが印象的で良かった。その後、足手まといで真実を隠されていたことを理解して「強くなりたい」と言っていたのが成長を感じられて良かった。

©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

 

 

悪い点

・【ノーマン】出荷後

たくさん作戦を練ったが【ノーマン】が脱獄に失敗して出荷される。そもそも少人数で脱獄計画を進めていたのにバレたのに【ノーマン】出荷後に大人数で作戦を段取りしてうまく行ったのが疑問点だった。崖を紐で渡ったりする大掛かりな練習をしていたのに気づかれなかったことが不可解。

 

 

○演出

・表情

驚いたときやバレそうになったときの表情が良かった。見ていて緊張感が伝わってきた。

 

 

○まとめ

 

最初からハラハラドキドキの展開でとても楽しく見ることができた。また、話の終わらせ方が次を期待させるような内容で終わることが多かったのが良かった。また、キャラクターの感情がとても良く表現できており人間関係も良かった。

 

コメント