約束のネバーランド

スポンサーリンク
ホラー・サスペンス・ミステリー
©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会
ストーリー:71
演出:16
総合点数:87

 

孤児院で幸せに暮らしていた【エマ】は【コニー】が死んでいるのを目撃した。孤児院では食用児を育てて出荷する施設だということを知る。死を逃れるために孤児院から逃げる計画を立てる。

天才の子どもが施設を脱出するアニメを見たい人におすすめ!

 

公式サイト Wikipedia

ジャンル:ホラー・サスペンス・ミステリー

原作:漫画

制作:CloverWorks

2019年冬 全○話

 

YouTube動画作成中です。

 

スポンサーリンク

約束のネバーランド(約ネバ)の評価と感想

 

7話の感想 011145

前回は【ドン】が真実に気づいて足手まといになりたくない思いを話した。

【シスター】がママになるために脱走の手助けをするとの要請があった。【シスター】から発信機のことや外の情報などを聞いたことでこの世界について少しだけ情報が集まった。なんでも教えてくれる【シスター】だが信用できないような話し方なのが気になる。果たして本当に味方なのか見ていて疑問である。最後の手紙にどのような意味があるのか次回が楽しみ。

 

○ストーリー

良い点

・裏切り者

眼鏡をかけていた【ギルダ】が内通者のような演出で話が進む。ロープを伝えた位置から裏切り者を探そうとして、【ノーマン】が「内通者は君だったんだねレイ」と言った。最年長でフルスコアの3人は絶対的な仲間だと思っていたばかりにこの展開は衝撃的だった。

©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

 

・【ノーマン】と【レイ】の関係

【レイ】が裏切り者ということがわかったけど【ノーマン】が「一緒に育った家族だもん」「敵である前に友達だって」といって信じる。【レイ】は【エマ】と【ノーマン】を脱出させるために自らをママの手下になるようにして情報収集していた。二人の信頼関係が複雑な上に駆け引きも面白かった。

©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

 

・【ママ】の部屋侵入

【ママ】の部屋に侵入しているときは緊張感があってハラハラして見ることが出来た。【ドン】が【ママ】の部屋に勝手に侵入した際に【コニー】が死んでいた事実を知る。今まで仲間だと思って信じてきたのに騙された気持ちになって「家族だろ、兄弟だろ、少しは信じてほしいんだよ」と言っていたのが印象的で良かった。その後、足手まといで真実を隠されていたことを理解して「強くなりたい」と言っていたのが成長を感じられて良かった。

©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

 

 

悪い点

 

 

○演出

・表情

驚いたときやバレそうになったときの表情が良かった。見ていて緊張感が伝わってきた。

 

 

○まとめ

 

1話の感想 121045

1話でこれからどのように孤児院を脱出するのか期待が持てそうな内容だった。殺すのにテストを行っていた理由がよくわからないので、後に分かることを期待したい。つかみとしてはよく出来ていたのでこれからが楽しみ。

2話の感想 131045

脳みそが一番うまいからテストをやっていたことが分かって良かった。3人で脱獄計画を進めるため【ママ】と心理戦みたいなことが行われる。そんな矢先敵が増えた。敵という存在がこちらを認知してこの先の展開に期待ができそう。

3話の感想 131045

全員脱獄に向けて走り方や頭の使い方を年長者が教える。そんな中内通者がいることを悟ってこれからどうしようと言ったところ。おそらく眼鏡かけた女の子が内通者なんだけどわかりやすい感じがした。違うのかな?ともあれ1推理しながら見れる点でも楽しめると思った。

4話の感想 291045

実践に近い感じで隊列になって子供たちを特訓させているのは印象的で脱獄に近づいているんだなと感じた。10日という制限を加えることで視聴者側にも緊張感が走るので良かった。ママ同士で争っていて三つ巴の構想になっているので展開に期待できる。最後の「内通者は君だったんだねレイ」が衝撃的すぎた。

5話の感想 301045

【ノーマン】と【レイ】の取引が見られて全体的に情報が増えて見ていて楽しかった。隠し部屋が見つかり【ドン】と【ギルダ】が独断で侵入しようと試みる。前回同様次回がすごい気になるような感じで話が進んでいって作り方が上手いなと感心する。今後も楽しみ。

6話の感想 311045

【ドン】と【ギルダ】が鍵を盗んで侵入する。侵入中相変わらず見ていてハラハラするのが面白い。【ドン】は【コニー】が死んだことに気づいて、仲間同士で疑いあって真実を知るまでが良かった。【ドン】のセリフには重みがあった。

 

コメント