落第騎士の英雄譚

スポンサーリンク
バトル
©海空りく・SBクリエイティブ/落第騎士の英雄譚製作委員会
ストーリー:64
演出:19
総合点数:83

 

落第騎士の【黒鉄 一輝】は七星剣武祭に優勝することが唯一の卒業条件である。Aランク騎士【ステラ・ヴァーミリオン】との出会いで互いに高めあうと決めて強くなる。七星剣武祭出場を目指し選抜戦に挑む。僕の最弱(さいきょう)を以て、君の最強を打ち破る——

最弱と扱われた主人公が頂きまで登るストーリーを見たい人におすすめ!

 

公式サイト Wikipedia

ジャンル:バトル

原作:小説

制作:SILVER LINK.・Nexus

2015年秋 全12話

 

落第騎士の英雄譚の評価と感想

 

スポンサーリンク

落第騎士の英雄譚の評価と感想

 

○ストーリー

良い点

・初公式戦

【黒鉄 一輝】初の公式戦でやっとの思いでたどり着いたので緊張をしてしまう。そのせいで周りが見えなくなっていて【ステラ】からも「 一輝は勝負に関して必ずなんて使うタイプじゃない」と言われていた。【桐原 静矢】に追い詰められてバカにされた時に【ステラ】が「私の大好きな騎士を馬鹿にするな」と怒っているのが迫力があって良かった。パーフェクトビジョン取得までの流れに勢いがあって楽しかった。

©海空りく・SBクリエイティブ/落第騎士の英雄譚製作委員会

 

・【黒鉄 珠雫】の気持ち

兄の幸せを思って入院中のお見舞いに行かなかった。それで悔しがっていて空気が読める感じがリアリティあって良かったと思えた。黒鉄家の事情で兄に認められたいと努力して雷切相手にいい試合をしていたのも面白かった。なにより兄のことを思って【ステラ】のことを説教するなど人間として立派だった。

©海空りく・SBクリエイティブ/落第騎士の英雄譚製作委員会

 

・【綾辻 絢瀬】の物語

ラストサムライと呼ばれた父の仇を取るために手段を問わずに行動する。行動理念もしっかりしていた。【倉敷 蔵人】との問題から解決までのストーリーがしっかりしていて面白かった。

©海空りく・SBクリエイティブ/落第騎士の英雄譚製作委員会

 

 

悪い点

・ショッピングモールテロ

結局なんでテロが起きたのか分からなかった。10年に1人の逸材とも言われているAランク騎士があっさりとテロリストに捕縛されているのも疑問に思った。

 

・最弱とは

最弱とは何だったのか。

 

・選抜戦

学校の代表を決める試合なのに負けたら出れないなどの成約付。その上外部機関からの圧力で対戦相手まで勝手に決められてしまう始末。理事長の「生徒を守るのが私の仕事」とは何だったのか。

 

 

○演出

・戦闘

【一輝】の剣術の戦闘も絵が沢山動いて面白かった。高ランク騎士の戦いもエフェクトや動き勢いなどあって楽しく見ることが出来た。特に【黒鉄 珠雫】と【綾辻 絢瀬】の試合は水と雷の動きが激しくて迫力があった。

 

・最終話

「己の全てをかけてこの誇り高い騎士に勝ちたいだけ」そう思って互いに剣を抜いた。たった一振りの勝負に挿入歌や絵の色の付け方に斬新さがあって面白かった。

©海空りく・SBクリエイティブ/落第騎士の英雄譚製作委員会

 

 

○まとめ

 

まず戦闘に勢いがあって非常に楽しく見ることが出来た。消化試合もあまり映さずに必要な部分を詰め込んだような作品だったと思う。ただ、キスシーンやカップルのいちゃいちゃしているシーンがいくつかあったので人を選ぶ作品かなと感じた。最終話の代表に選ばれるまでスッキリと終わって楽しかった。

 

コメント