賭ケグルイ××

スポンサーリンク
ホラー・サスペンス・ミステリー
©河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・「賭ケグルイ××」製作委員会
ストーリー:33
演出:14
総合点数:47

 

生徒会との戦いが終わったあと、生徒会選挙が始まる。生徒会選挙では一人1枚のチップをギャンブルの代償としてかけ、それを一番多く集めたものが生徒会長になれる。百喰一族の人たちとギャンブルが始まる。

学園ギャンブルという新ジャンルなアニメを見たい人におすすめ!

 

公式サイト Wikipedia

ジャンル:ホラー・サスペンス・ミステリー

原作:漫画

制作:MAPPA

2019年冬 全12話

 

賭ケグルイ(1期)の評価と感想についてはこちら!

賭ケグルイ
ストーリー:43 演出:13 総合点数:56 私立百花王学園は金・権力・地位など全てギャンブルで手に入れることができる。転校してきた【蛇喰 夢子】はギャンブルで狂い勝利を手にする。そんな中ギャンブル最強集団の「生徒会」に目...

 

YouTube動画作成中です。

 

スポンサーリンク

賭ケグルイ××の評価と感想

 

○ストーリー

良い点

・【早乙女 芽亜里】の成長

【蛇喰 夢子】が毒を盛られて倒れた際に【早乙女 芽亜里】が【桃喰 リリカ】との取引で大量のチップを貰って代役としてゲームに参加する。敵が強者だと思い込んでいるときに、カードの法則性を見抜いて勝利したのは1期の弱い感じと比べて成長している感じがして良かった。勝利した際に「私、生徒会長になるわ」と【蛇喰 夢子】に話しかけているのも印象的だった。

©河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・「賭ケグルイ××」製作委員会

 

・【豆生田 楓】と【皇 伊月】の関係

ギャンブルの外ウマで【皇 伊月】が【豆生田 楓】が負ける方に賭ける。そしてギャンブル内で【豆生田 楓】は【皇 伊月】によって勝つことが出来た。【皇 伊月】が自分が負けても【豆生田 楓】に立ち直ってほしいという思いが伝わってきて良かった。そしてギャンブルの2重構造も斬新で面白かった。【皇 伊月】は1位をとったが結果的には負けてしまった。しかし、「私のギャンブルの結果はあなた次第です」と【豆生田 楓】に投資をしていたのが格好良かった。

©河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・「賭ケグルイ××」製作委員会

 

 

悪い点

・【生志摩 妄】の不正

【生志摩 妄】が指切りギャンブルの際に最後の2本を一気に切って不正負けとなる。今まで我慢して1本ずつ切っていたのに急に2本切ったのが、都合よく【蛇喰 夢子】の一人勝ちをさせるために負けたようにしか見えなかった。

 

・vsハリウッドスター

【夢見弖 ユメミ】と【蛇喰 夢子】がタッグを組んでハリウッドスターの【名足 カワル】とギャンブルをする。2セット目は運で勝ったが、今まで負けてない点から運が良すぎると感じた。そして、3セット目のポイント2倍で今までのゲームの意味がなくなったのが都合が良すぎる展開だと思えた。また2vs1でギャンブルをしているのに、1vs1vs1の状態になるのも不自然だった。

 

・【五十嵐 清華】の敗北

【五十嵐 清華】が【蛇喰 夢子】とのギャンブルで敗北する。ギャンブルの代償は生徒会長である【桃喰 綺羅莉】と他人となることだったのだが、ギャンブルで負けたあとギャンブルの代償を支払わずにより一層信頼関係を築けていたのが残念だった。ギャンブルで負けてもリスクがないのは緊張感が失われた。

 

・【×喰 零】戦

【蛇喰 夢子】が30億用意して【×喰 零】とのオークションを行う。いきなりキャラクターが変わった【×喰 零】が不自然だった。1期の最後の【桃喰 綺羅莉】戦と比べて弱い敵だったように感じた。【蛇喰 夢子】の名前に30億の価値があるという判定だったが、それなら1期の【豆生田 楓】戦で使うべきだと思った。

 

 

○演出

・狂ってる

狂ってる感が1期に比べて向上している。特にアップの描写が印象的な顔が多かった。

 

 

○まとめ

 

序盤から勢いとテンポがあって良かった。【豆生田 楓】と【皇 伊月】の関係が1期の戦いを得て、いい感じに仲良くなっている感じが面白かった。ただ、ギャンブル自体、不自然だったり最後のオチが1期に比べて弱かったりしていたのが残念だった。

 

コメント