転生したらスライムだった件

スポンサーリンク
バトル
©川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会
ストーリー:21
演出:11
総合点数:32

 

通り魔に刺されて「暑い」「寒い」「痛い」などのダメージを受けた。そのダメージに耐性を付けて異世界へとスライムとして転生した。スライムはドラゴンと友達になり無限牢獄に閉じ込められたドラゴンを捕食して共に旅をすることになった。

倒した敵の能力を使えるスライムの冒険を見たい人に是非おすすめ!

 

公式サイト Wikipedia

ジャンル:バトル

原作:Web小説

制作:エイトビット

2018年秋 全23話

 

YouTube動画作成中です。

 

スポンサーリンク

転生したらスライムだった件(転スラ)の評価と感想

 

○ストーリー

良い点

・ゴブリンの群れ

ドラゴンがいなくなって生態系が乱れ今まで普通に過ごしてきたゴブリンが多種族に襲われる。ドラゴンがスライムに捕食されていなくなった設定をうまく活かせていると思った。

©川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会

 

・【シズ】との出会い

他の異世界転生者の発見で物語が動き始めた。【シズ】の過去や今までの成り立ちについてしれて良かったと思う。話から他の異世界転生者なども多くいるなどの情報も手に入れることが出来ていたので話が分かりやすくなった。

©川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会

 

・仲間の呪文を吸収

仲間の呪文を吸収して自分の技にする所はスライムの捕食をうまく利用しているなと感じた。

 

 

悪い点

・魔力感知獲得について

水を移動したら水系のスキル獲得するのは分かるけど、魔力を感知しようとしたらスキルを獲得が分からなかった。ほしいと思ったスキルを自由に手に入れれる都合がいい設定なのかな?

 

・牢獄ごと捕食

ドラゴンを牢獄ごと吸収した。牢獄単体で捕食しようとしても失敗していたので捕食できた理由が気になった。

 

・テンポ悪い

純粋にテンポ悪いと感じた。少しずつ前に進んでいるけど遅いなと思った。主人公最強の俺TUEEEEアニメでバトルに緊張感がなくて展開に期待が出来ない分テンポを上げて物語を進めてほしい。また、【ヴェルドラ】との約束があるのに、街を作ったりするところが整合性がなく蛇足している感が拭えない。

 

・名前で強くなる

名前を与えられたトカゲ族の【ガビル】が弱い。それなのに元オーガの名前を与えられた鬼人たちは圧倒的力を持っている。パワーバランスが理解できない。都合よく主人公サイドだから強くなっているようにしか思えなかった。

 

・vsオーク・ディザスター

1クール目のボスであるオークディザスターの【ゲルド】と対戦する。大賢者を呼び出してヒントを得てスライムで食べる。大賢者での戦闘が全く活かされていなかった。ここまで来るまでテンポが悪くて対戦も結局食べて終わり。【捕食者】と【飢えるもの】の勝負でそれぞれの特徴を活かして戦うかと期待もしたがあっさりと終わってしまった。

 

・終わり方

特に盛り上がること無く子どもたちを助けて、無理やり回想を入れていい感じになって終わる。回想自体は良かったがタイミングが間違っていて、もったいないと思った。

 

 

○演出

・動きがある

会話がない序盤で画面が常に動いていると言ってもいいくらい動く。迫力があって見ていて楽しい。

 

・イフリート捕食

イフリートを捕食して横に倒れた【シズ】がいた。映像を見る限り【シズ】がイフリートに変身していたので捕食後【シズ】が倒れているのはおかしいと感じた。

 

 

○まとめ

 

序盤はスライムという斬新さを活かしていて勢いもあって楽しく見ることができた。ただ、途中からスライムだからなんでもありの精神で都合よく物語が進んでいったのが盛り上がりに欠けた。【ヴェルドラ】の開放する目的は良かったけど逸脱していたのが残念だった。

 

コメント