Re:ゼロから始める異世界生活

スポンサーリンク
ホラー・サスペンス・ミステリー
©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会
ストーリー:74
演出:18
総合点数:92

 

【スバル】はコンビニ帰りにいきなり異世界に来てしまった。チンピラに絡まれて困っているところに銀髪のハーフエルフ【エミリア】に助けられ、恩を返そうと捜し物の手助けをする。捜し物の最中殺されてしまったが、【スバル】は死に戻りの力でゼロから異世界生活が始まる。

死んで戻って困難を乗り越えるアニメを見たい人におすすめ!

 

公式サイト Wikipedia

ジャンル:ホラー・サスペンス・ミステリー

原作:Web小説

制作:WHITE FOX

2016年春 全25話

 

Re:ゼロから始める異世界生活の評価と感想

 

スポンサーリンク

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)の評価と感想

 

○ストーリー

良い点

・1話の絶望感

【スバル】が1話で2回死んだ。1回目は【エミリア】と行動して夜に【フェルト】に会いに行こうと【ロム爺】の家に入ったところ、【エルザ】に殺された。2回目はタイムリープしていることに気づかず、独自で【ロム爺】の家に行って死んだ。再びタイムリープして【エミリア】のことをサテラと呼んで嫌われるまでの流れが絶望感があって面白かった。

 

・「私の名前はエミリア」

死んで死んでいろいろ大変な思いをしたが人助けをする【エミリア】を見て力になりたいと頑張っている【スバル】が良かった。解決した後【スバル】が君の名前を教えてほしいと言って、【エミリア】が「私の名前はエミリア、ただのエミリアよ」と言っていたのが印象的で今までの努力の見返りとして最高に良かった。

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

 

・【レム】の襲撃

【エミリア】を助けて【ロズワール】の屋敷でお世話になる。【エミリア】とデートの約束をして寝たら死んでいた。その後も原因が分からず死んで調査することに決めた。早めに屋敷を出て外から監視したときに【レム】が犯人で攻撃を受ける。そのときに【スバル】が「野菜の皮剥くときに手切らなくなったよ、読み書き簡単なやつだけど読めるようになったんだ」と泣きながら言い「何で覚えてねえんだよ」と心から叫んでいるのが印象的で良かった。

 

・【エミリア】の膝枕

【スバル】が死に戻りで運命を変えようとして無理な努力をしていた。「気持ち悪い、気持ち悪い、気持ち悪い」という言葉が印象的だった。その後【エミリア】が耳元で囁いた「大変…だったね」の一言に重みがあってすごかった。

 

・【スバル】の意地

【エミリア】が侮辱されたときに【スバル】が騎士ということを名乗る。騎士という単語に反応した【ユリウス】が【スバル】を挑発して、意地になった【スバル】が決闘でぼこぼこにされる。その後【エミリア】に「そうやって何もかも、私のタメだって嘘をつくのはやめてよ」「私はそんなこと、一度だってお願いしてない」と拒絶されたのが印象的で良かった。【エミリア】との関係性と感情を表現出来て素晴らしい。拒絶された【スバル】が自分勝手になってダメ人間になっていたのもリアルな感情を表現できていて良かった。

 

・【レム】

【スバル】が何度も必要ないと言われて【エミリア】を助けることを諦めて【レム】と一緒に逃げることを決意した。【レム】が「スバルくんはレムの英雄なんです」と【スバル】を信じて愛を伝えていたシーンが印象的だった。挿入歌も良くて、1話ほぼ全部二人の会話に使っていて【スバル】が立ち直るまでの流れが良くて言葉一つ一つに重みがあってとても面白かった。

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

 

・白鯨戦

準備段階も面白かったが戦闘も素晴らしかった。順調に思われた白鯨戦だが、切ると分裂して3匹の白鯨になる展開が絶望的で面白かった。今まで様々な困難を乗り越えてきた【スバル】が諦めないで戦い士気を上げているのが印象的でよかった。

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

 

・「好きだよエミリア」

最終話爆発が起こる直前で【スバル】が【エミリア】に「好きだよエミリア」と言って告白する。今までの流れから純粋な告白で格好良かった。その後、【エミリア】が初めての特別扱いに感動していたところも良かった。

 

 

悪い点

・【エミリア】との出会い

最初に【エミリア】が街に無一文で出歩いていた理由が分からなかった。王選候補者でかなり大切にされているのにお金も持ち歩かず何をしていたのか気になった。

 

・白鯨の記憶

白鯨によって消えた人間は人々の記憶から消え去り都合のいいように改変されるが、【スバル】が白鯨によって消えた【レム】のことを覚えていたのが謎だった。妻の【テレシア】が白鯨にやられたのに記憶がある【ヴィルヘルム】も気になった。

 

・見えざる手

見えざる手を使う魔女教徒と戦うときに【エミリア】や【ヴィルヘルム】が見えざる手を認識したような動きをしていたのが気になった。

 

 

○演出

・カメラワーク

【ナツキ・スバル】が血を見つけたときのカメラワークが良かった。

 

・戦闘

【レム】が武器を振り回して動き回る戦闘が迫力があって良かった。白鯨戦も迫力があって良かった。

 

・エンドロール

エンドロールの入り方がおしゃれ。パックが暴走してそのままBGMと共にエンドロールが流れるなどいろいろと楽しめる。

 

 

○まとめ

 

最初から最後まで感情がすごい動くのが良かった。良い感情だけでなく悪い部分も出ていたのでリアルな感情移入がしやすかったと思う。戦闘も楽しく見ることができて人間関係の構築の仕方も素晴らしかった。

 

コメント